ゲーム

「探偵撲滅」感想・レビュー(ネタバレなし)

評価

  • ユニークな捜査システム
  • 孤立した離島で行われるスリリングな殺人事件

ゲーム概要

探偵撲滅|日本一ソフトウェア

2021年5月に日本一ソフトウェアから発売された探偵シミュレーションゲーム。

100人以上の死者を出し、国中を混乱に陥れた連続殺人鬼『八ツ裂き公』
その凶行を止めるため、優秀な探偵のみで構成された組織『探偵同盟』は、
選りすぐりのメンバーによる合同捜査を決断した。

同じ頃、探偵に憧れる平凡な男子高校生『北條和都』は、
謎の男『老師探偵』の導きにより、探偵同盟の本部がある離島へたどり着く。

島で憧れの探偵同盟と出会い、興奮を隠せない和都。
しかし、探偵たちから「お前が八ツ裂き公ではないか?」と疑いをかけられ、言葉を失った。
島には既に『八ツ裂き公』が潜入しており、多くの探偵が殺されてしまったというのだ。

自身の疑いを晴らすため、
和都は探偵同盟のリーダー『理想探偵』と共に、島の捜査へと動き出す。

生き残った探偵は14人。
この中に──『八ツ裂き公』がいる。

(公式ホームページより引用)

感想

最も良かった点

ユニークな捜査システム

こういった推理ゲームでは調査パートがつまらない作業になりがちですが、本作は格子状に区切られたマップ上のキャラを操作することで調査を進めていきます。

詳しくはホームページのシステムをご覧いただければと思いますが、これがとてもよく出来ており、楽しく調査を進められました。

その他良かった点

探偵によって行われる奇想天外な殺人事件

詳細はもちろん伏せますが、イメージとしてダンガンロンパのような事件を想像して貰えれば良いです。各人が自分の能力を活かして事件や捜査を進めていくというのが個人的に大好きなので、この点でとても満足できました。

程よい推理難易度

これは個人的な意見にはなりますが、推理が簡単すぎず難しすぎずちょうど良かったように思います。無理のある推理もないので、頭を使いながら気持ちよく推理を進められます。

悪かった点

フリーズ問題

アップデートにより改善されているようですが、このゲーム(特にSwitch版?)にはフリーズバグが存在します。僕も一度遭遇したので、これは明らかに問題です。

フリーズではありませんがたまにメニュー欄が見切れていたりするので、UIやフラグ進行など含めてプログラミング面に少し不安が残る印象でした。

イラストの種類が少ない

キャラクターの表情や、事件発生時のアニメーションがあまり多くはないなという気はしました。ただ不自然なほど少ないというわけではなく、もう少しあれば嬉しかったなーという程度です(キャラクターが個性的で魅力的であることも相まって)。

序盤会話のテンポが悪い

序盤からキャラ同士の雑談をバンバン挟んできます。キャラを好きになったあとは嬉しいのですが、あまりキャラ自体が好きではない序盤に挟むのはテンポが悪くなってしまっているかなと思いました。

中盤からはもうキャラのことが好きになっているのでそれほど気にはならなかったので、どう感じるか個人差はありそうです。

まとめ

とにかく捜査システムがユニークかつおもしろく、退屈せずゲームをプレイできました。事実僕は2日間で寝る以外はプレイし続けてしまいました。それほどおもしろいゲームです。

一方で(あるいはそれ故に)フリーズバグなど細部が詰めきれていないような印象も受けました。次回作に期待ですね。ぜひシリーズ化してほしい。

全体的にはダンガンロンパのような雰囲気を感じたので、ダンガンロンパファンの方にはぜひおすすめしたいです。アドベンチャーゲームはテキストばかりで飽きてしまうという方も楽しんでプレイできそうです。

とてもおもしろいゲームなので、ぜひ興味のある方は手にとってみてください。