ゲーム

「ファミコン探偵倶楽部」感想・レビュー(ネタバレなし)

評価

  • 完成度の高いストーリー
  • 初心者にもおすすめなシンプルシステム

ゲーム概要

「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者・うしろに立つ少女」Nintendo Switch

2021年5月に発売した、ファミコン探偵倶楽部のリメイク作品。ファミコン探偵倶楽部は1988年に任天堂から発売されたテキスト推理アドベンチャーゲームです。

プレイ状況

一部・二部ともにSwitchでプレイ。どちらもプレイ経験はありませんでした。

両方合わせてプレイ時間は15時間ほど。

感想

最も良かった点

事件と推理

推理アドベンチャーとして最も重要な点である「ストーリー」が圧倒的によかったです。

操作やシステムは極限までシンプルになっており、ストーリー一本勝負でそれがとにかくおもしろいという印象を受けました。

ストーリーも主人公が探偵で、事件を調査していく中で事件にさらに深く巻き込まれていく…という王道構成なのですが、展開のスピード感や事件全貌がわかったときの納得感、事件を推理して調査を進めていく捜査感など推理ゲームのおもしろさが全て高品質で組み込まれています。

その他良かった点

ストレスフリーなシステム

シンプルであるからこそ特にシステム面でストレスを感じる瞬間もなく、ストーリーに集中できました。

かわいいキャラクターデザイン

リメイクによって大きくアップデートされたキャラデザがとにかくかわいい。モブでさえもびっくりするくらいかわいい。婦警さん好き。

低難易度

できるアクションの種類がそれほど多くないため、ほとんど詰まることもなくスムーズに調査を進められた。

悪かった点

値段

プレイ時間のわりには少し高いかなーという感じもしないでもないですが、非常に質が高いため濃密な時間が過ごせます。

まとめ

名作のリメイクというだけあって推理アドベンチャー最高峰のおもしろさを持っています。

物語のおもしろさをゲームシステムによって最大限に活かし推理ゲームとしてのピュアなおもしろさを追求した本作は、間違いなく万人におすすめできる作品です。