「学びを結果に変える アウトプット大全」Capter1感想

これ

感想

まずなぜこの本を手に取ったかというと、最近アウトプットを全然していないなと感じたからである。ブログの更新もTwitterのツイートも人との会話も減っていて、これはよろしくないと思っていた。そこでアウトプットについて学び、何かモチベーションアップにつながればと思った。ついでに今スマブラにめちゃくちゃハマっているのでよい練習法のヒントが得られないかと思い購入した。

とりあえず第一章を読んで気になったセンテンスはこんなところ。

  • インプットとアウトプットは4:6から3:7くらいが最も記憶に残る
  • フィードバックの方向としては以下の4つがある。
    1. 短所克服と長所伸展
    2. 広げると深める
    3. なぜを解決する
    4. 人に教えてもらう

わりとおもしろそうなのでゆっくり読んでいきたい。あとアウトプットもまたやらなきゃなーという気持ちになった。こうしてブログを更新しただけでも買った甲斐はあったといえる。