「予想通りに不合理」を読みました

行動経済学ブームに火をつけたベストセラー!
「現金は盗まないが鉛筆なら平気で失敬する」「頼まれごとならがんばるが安い報酬ではやる気が失せる」「同じプラセボ薬でも高額なほうが効く」――。人間は、どこまでも滑稽で「不合理」。でも、そんな人間の行動を「予想」することができれば、長続きしなかったダイエットに成功するかもしれないし、次なる大ヒット商品を生み出せるかもしれない!

(Amazon商品紹介より引用)

感想

普段はコンピュータサイエンスの本ばかり読んでいるので、たまにこういう一般教養的な本を読むととてもおもしろいなあと感じます。

興味があれば買うと良いと思います。もしかしたら日頃の立ち振る舞いで得をするかもしれませんしね。